© Nagomi Kitchen  -  Atsuko Yamano

Website created by Ai Yamano

  • White Facebook Icon

54 里帰りで日本から持って帰りたいものリスト

January 1, 2015

あけましておめでとうございます。このコラムをはじめて9年目を迎えましたことに心より感謝申し上げます。今年も何らか少しでも皆様のお役にたてる情報になれば幸いです。又、読売新聞の欧州版にて、欧州 和の食卓、というコラムもはじまりましたので、そちらも合わせてお読みくださると幸いです。

 

さて、”一時帰国するのですが、日本から持ち帰るのに、何かおすすめの食材があったら教えてください。”というご質問をいただきました。ロンドンでも最近はたいていの日本食品が手に入るようになってきましたが、私も毎年、日本へ帰るたびに、場合によってはスーツケースをもう一つ増やしてまで、食材をごっそりと買って帰ってきます。(笑) 

 

今回はそんな私のリストをご紹介いたしましょう。ただし、英国政府は基本的に、外国からは、肉・ミルク及びその他の動物製品の持ち込みは不可、としていますので(いつもスーツケースに入れこんでしまう私は一度もおとがめにあったことはありませんが。笑)、そのあたりは自己責任で決行なさって下さいね。(^^) 

 

★日本の真昆布やかつおぶし、いりこ(いりこは持ち帰ると酸化防止のため冷凍)

★海草製品(海苔、とろろ昆布、塩こんぶ、昆布粉、納豆昆布、ひじき、わかめ、

 めかぶ、あらめ、くろめ、青さのりなど。)

 ときには塩もずくや塩蔵わかめ、茎若布。

★乾物類(焼き海苔・干しシイタケ・高野豆腐・切り干し大根・かんぴょう・

 干しきくらげ・干しエビ・麩・くちなしの実)

★粉寒天・くず粉・てんさい糖・カレーのルー・粉山椒・七味唐辛子・柚胡椒

★だったんそば茶・玄米茶・3年番茶・抹茶

★梅干し・らっきょう・奈良漬・高菜漬

★茅乃舎のだし・化学調味料無添加の中華スープの素・出汁パウダー など

★ナットウ菌や種麹・乾燥麹

★日本で手に入る雑穀 たかきび・もちあわ・もち麦 など

★そば、にしんの棒炊き など

★日本のおいしいおせんべい・かりんとう・和菓子・洋菓子

★日本のおいしいお米・もち米・餅・地酒

★場合によっては、各地のお味噌、醤油、米ぬか

★抹茶味や和苺味やほうじ茶味のキットカット(お土産に)

冷蔵もの

★酒粕

★ちりめんじゃこ/シラス干し・油揚げ・生麩

★マイタケとかエノキとかしめじも入れば。

★山芋、れんこん、ごぼう(生ものが無理なら乾燥ものでも。)

★季節によって、実山椒・みょうが、すだち・ゆず

★場合によって、うなぎの蒲焼き、めんたいこ、さつまあげ、金山寺味噌など

です。これ以外に皆さんのおすすめもありましたら、又教えてくださいね。

 

今月はバターナッツスコッシュとフェンネルの雑穀入りスープを作りましょう。

 

甘みの中でフェンネルの爽やかな香りが生きておいしいですよ。(同様に、グリーンピースをバターナッツスコッシュの代わりに作ってもおいしいです。)ひょうたん型のバターナッツスコッシュ中1ヶを皮をピーラーでむき、中の種をとって、大ぶりの一口サイズに切る。(正味約650−700g)フェンネル小1ヶとオニオン1ヶ(計約300g)をスライスして、弱めの中火にかけた大きめの鍋にオイル少々を熱し、軽く塩こしょうしながら蒸し炒めする。十分にやわらかくなってくれば、バターナッツスコッシュも加え、更に蒸し炒めする。そこに、水600-700ml、Marigold社Swiss Vegetable Bouillon大さじ1〜2、タイム3−5枝、ナツメグ少々、Millets(ひえ・あわ)大さじ3加え、沸騰後弱火にしてコトコト20−30分煮る。野菜がやわらかくなれば、ハンドブレンダーをかけて塩こしょうで味をととのえ、できあがり。おいしい天然酵母のパンかサワードウを添えてめしあがれ。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts

February 19, 2017

September 17, 2016

September 11, 2016

Please reload

Archive