みなさん、こんにちは〜。

7月10日金曜日の ハピネスラボ主宰のZOOM食セミナーでは、11名の方がご参加くださり、今、

私が大切に思っていること。キッチンからの発信でしたので、おすすめの調味料や食材をお見せしながら

「食べ物は、人を良くする」という字のとおり、企業の儲けのために作られたものではなく

人の健康を願って作られたもの、生命力のある自然な食材、ミネラルがしっかりとれる食生活を、

というお話をいたしました。

 

特に、精製塩、白砂糖、白米、白パン、精製されたオイル、など多用されている

現代の食生活は、栄養不足(ミネラル不足)と言われています。それを補うお食事作りを心がけると、

精神面も落ち着きぶれにくくなりますし、発達障害と言われた子どもの症状も改善されることがたくさん

レポートされています。(詳細は、「食べなきゃ危険! 食卓はミネラル不足 食品と暮らしの安全基金」 を

読まれるといいです。)

 

糖尿病、脂質代謝異常、高血圧、狭心症、メタボリックシンドローム、足がよくつる方も、マグネシウムの補充で改善される臨床研究が多く報告されています。(慈恵医科大の横田邦信教授)

 

今よりも、ミネラル豊富な  ‘まごわやさしい子(豆類、ごまなど種子類、わかめなど海草類、野菜類、魚類、しいたけなどきのこ類、芋類、酵素のある食品(生野菜、発酵食品)‘がもっと食卓にあがるといいですね〜。😊

 

又、現代は不妊で悩まれる方も多いと思いますが、F1野菜をたべつづけると不妊になる可能性がありますので、できるだけオーガニックの宅配野菜ボックスの利用をおすすめします。(こういうお話しについては、野口のタネの野口さんが詳しいです。https://www.youtube.com/watch?v=FTU3XOqCW9A )

 

参加された 小さなベビーのママより。

___

日本で営業職をしていた時にコンビニ弁当ばかり食べて、外食や飲み会も多かった頃、皮膚炎、花粉症、鼻炎、生理不順、疲れがとれず常にだるいなどいろんな問題を抱えて、よくお医者さんに行ったり漢方飲んでみたりしていましたが全然良くなりませんでした。このままではダメになる…と思って退職しました! 先日、料理したくないけど和食が食べたい、と思って取り寄せていた冷凍の和食弁当を3日連続、ランチで食べたところ、なんだか疲れ、気分も落ち込み気味になりました。いつもより体は楽してるのになぜだろう?と主人に話したら、主人も同じような症状がある、と言いだしました。金曜日のお話を聞き、もしかしたらお弁当に添加物が含まれていたのかもしれない、と思い、やっぱり体調やメンタルのために食事を気をつけないと!と痛感しました。気づかないまま、そういうことを続けていたらと思うとゾッとします。添加物を使っていたのかは分かりませんが、今後は買わないでおこうと思いました。

___

それを聞いて思い出したのは10年くらい前、コリアンタウンにある J味というお店に時々行っていたのですが、そこではいろんな韓国のお総菜が売られていました。でも食べると、かなり化学調味料が使われているのがわかります。あるとき、そこのおばあちゃんが一人で切り盛りされてたので話していると、お孫さんのアトピーがとってもひどいので、娘さんと一緒に温泉治療をするために韓国へ帰っている、とのことでした。それを聞いて、化学調味料たっぷりのお総菜を毎日食べていらっしゃったら、お母さんの母乳から赤ちゃんは間接的に飲むから、きっとそれも原因の一つなんだろうなぁと感じたのでした。

 

添加物は、食品ではなく、ケミカルですものね。例えば、大手会社のシリアルなんかには、いろんなビタミンなど添加されてて一見ヘルシーっぽく見えますけれど、だいたい、人の体はWhole foods (ex.全粒穀物)をとってこそ、一緒に含まれているミネラルや酵素も含めた相互作用で、うま〜く体内で代謝できるんであって、化学的に合成されたものをばらばらに添加されても 体内でうまく働かないと言われてますから、私はあんまり意味がないなぁ、と思っとりますー。

 

西日本新聞社発行の「食卓の向こう側 」シリーズ で、コンビニ弁当の売れ残りを引き取って、豚のえさに与えた農場では死産があいついだお話も有名ですよね。便利な加工食品=生命力のない食べ物かも!? とちょっと買う前に原材料のチェックをおすすめします。(英国では、添加物は全てEナンバーで表示されていますので、気になる方は調べられます。)

 

又、昭和一桁生まれの世代までは、ハレの日(お祭りの時などにごちそうを食べる)、ケの日(普段の日は、自然素材を使った素朴な一汁一菜程度のお食事)、というスタイルで健康に過ごしてきました。昭和7年生まれの父の戦前の食生活について聞いていても、お肉を食べたのは月に1−2度だった、と言います。母は昭和16年生まれですが、飼っていた玉子は貴重品だったから、よく病人さんのお見舞いにつかっていた、と話していました。

そんな話を聞くと、毎日、カロリーたっぷりのお肉や魚を食べ、スイーツを食べる現代の食事が、如何に食べすぎかが、誰にでも理解できますよね〜。(→大いに自戒をこめてます〜。。。💦)

毎日、も〜っとシンプルな食生活でいいのだよなぁ、としみじみ 食べ過ぎの我を顧みて思います。(^_^;)(幕内秀夫 “粗食のすすめ“ 、 土井善晴 ”一汁一菜でよいという提案“ など良書です。)

 

お嬢さんやご自身のにきびから、日々の食事で 動物性食品の消費量が多すぎたかもしれない、と気づかれた方もいらっしゃいます。(又、皮膚の状態と精神状態はつながっていることも指摘されています。)

 

…他の皆さんからも、ありがたいことに とても良いレスポンスをいただきましたので、また開催したいと思います。

 

 

皆さんとお話ししていますと、

今、コロナのこともあって多くの人が免疫力をアップさせたい、と思っていらっしゃるのを感じます。

 

昨年で、発酵食品のレッスンも辞めて 和みランチ1本でいく、と決めたのですが、やっぱり今、

外してしまうのは違うかもしれないと思い至り、レッスンをもっとシンプルな形にし、時間も短くした

発酵食品のレッスンを再開させまーす。

 

以前は仕込んで、そのあとのお食事もいろいろ用意していたので、準備も当日のレッスンも長時間になり、

レッスンフィーも高くなっていましたが、今までよりも もっとシンプルなスタイルで、

11時〜午後1時半頃まで、と時間も短くし、ランチもおにぎりとお味噌汁で、

そうすれば遠方の方でもお越しになれやすいかと思います。

今はみんなが大変な時でもありますし、コロナ価格で30ポンドにいたします。

 

自家製味噌作り、酵素玄米作り、自家製納豆作り、キムチとザワークラウト作り、

甘酒作り、杏干し(梅干し代わり)作り、麹作り 等 考えています。

 

皆さん、このコロナを機会に、自分自身で温かいエネルギーをいれた 良質の発酵食品を作って

ご自身やご家族の健康をブーストアップなさってください♬

 

お叱りを受ける覚悟で正直に告白しますと、私はコロナのこと、

ディープステートによって各国メディアがかなり大げさに報道しているだけで、

実態はインフルエンザより弱い、と言われているのに、ちょっと騒ぎすぎじゃないかな〜と、

ほとんど心配したことがありません。だって罹ってる人ほとんど知らないんですもん。(スミマセーン)😅 

(私はそう感じますが、皆さんに押しつけるつもりはないので、ご自身のセンサーを大切になさってくださいね!)

もちろんキーワーカーの皆さんへの感謝はもってますし、体の弱い方やお年を召した方の前では

安心されるようにマスクを着用しますが、もし、同じように考えてる方がいらっしゃいましたら、と

7月中でもレッスンすることにしました。

 

まずは、お味噌を仕込む会

7月31日 金曜日 11-1時半 30ポンド(お一人2kg分仕込みます。)ですが、

既に 満席になりましたので、8月第3週にまた開催の予定です。ご希望の方はご連絡くださいね。

 

 

そして、オンラインで、楽しい企画をいたしま〜す。

 

おうちにいる時間が長かったこの時期に、つい食べ過ぎ。。。ということはなかったですか〜? 

食べ過ぎからくる体の重さ、思考はにぶるし、何だか微妙に不調になりますよね〜。

私も食べることが大好きなので、ついつい食べ過ぎてました〜。(~o~)

そこで、

先月は酵素玄米を毎日食べる七号食ダイエットを14日間しました。

酵素玄米というものをご存じない方に簡単に説明しますと、玄米やお豆が持っている酵素を引き出すように炊くので

保温している間に、どんどんもちもちとした食感になり、色もお赤飯のようになってきます。

玄米臭さもなく、とても美味しく食べられますし、保温状態で置くほどに酵素が出てきて、

消化に優しくなるので、小さいお子さんからお年を召した方まで どなたでも安心して食べられます。

 

断食やダイエットには

いろんな形があると思いますが、七号食ダイエットは、10日間、玄米ごはんに煎りごま+シーソルト(時々無添加梅干し)をふりかけて、好きなだけ食べます。ひもじい思いはしない分(→私にとってはここ大事―!お腹が空いているとあれ食べたい・これ食べたい、とつい妄想が。。。爆)続けやすいのが利点です。飲み物はカフェインなしのお茶を飲みます。そのあと、2日間、具なしのお味噌汁をプラスし、その次の2日間は野菜の入ったお味噌汁をプラス、合計で2wです。

 

・最初2-3日は、頭痛など好転反応も出ますが(デトックス)、シンプルに体に良いものだけを食べることで

 腸のコンディションも上がり、お通じもよくなり、デトックスにもなり、肌も1トーン明るくなり

(くすみが消えていく)、今抱えている細かい不調が消えていくのを実感できます。

・余計なものを食べない期間を作ることで、今まで如何に消化に負担がかかっていたか、わかります。

・毎日何を食べようか&つまもうかという誘惑/考える時間がなくなる→ 

気持ちの断捨離ができるので、精神面でも、自分に不要なもの・本当に必要なものがわかってきたり

良い気付きを得られたり、自分軸がより強くなります。

・人によっては大きく体重も減らせます。

 

そして、2w終わったころには、

 

・良く噛む習慣ができる。(これはうっかり忘れがちですが本当に大切で、代謝や体温をアップする効果、毒素

 の排出を促し、脳の活性化にもつながります。)

・以前と同じ食事をとろうと思わなくなる。(この快調さを保ちたくなる。)

甘い物がほしくなくなったり、食べる量も少なくなったり、アルコールを飲まれる方は飲み方も変わるでしょう。

 

 もっと自分の体を大切にする気持ちに、自然になれますよ〜♬

 

という訳で

 

“みんなでやればなんとかできる〜♬レッツチャレンジ7号食ダイエット2w😄” 

 

これを開催いたしまーす。

参加費は10ポンド、これまで酵素玄米と納豆の作り方のレッスンにお越しくださった方は5ポンドです。

 

普段から、玄米を食べていらっしゃる方は、もちろんご自身で実践なさってもいいのですが、

もし、やり方に不安のある方や、みんなでコンプリートできるように励ましあいながらやりたい方は

是非、ご参加ください。ここで人生をより良い方向に変えていく機会として チャレンジしてみませんか〜?

酵素玄米の作り方(もしくは玄米の炊き方)を知らない方のために、炊き方の動画も用意しています。

 

ご興味のある方は是非、ご連絡ください。7月25日土曜日にスタートします。ただ今、10名くらいの方が

お申し込みになっています。zoomで(スタート前、スタート1w後、終わってから)と、3度集う予定です。

(zoomは無料で簡単にインストールできて便利です。http://zoom-kaigi.com/zoom-start/

 

 

今、コロナの時に免疫力をあげるためにもぴったりの映画が、オンライン配信されることを教えていただきました。

 

高取保育園のこども達の質実な佇まい、昔ながらの子育てに秘められた豊潤な精神文化・その輝きが

詰まったポエトリー・ドキュメンタリー。子育て中の方にも、そうでない方にも、とってもおすすめの映画です。

 

8月9日(日)映画 「いただきます みそを作るこどもたち」フルバージョン 

               オオタヴィン監督と小倉ヒラクさんのトーク&麦っ子畑保育園からの中継および大島園長先生のトーク

 

ご興味のある方は是非、お申し込みになってくださいね。

https://www.mahoroba-mirai.com/

 

最後に、前々回(6月)のzoom和みお茶会では、15名のみなさんから美味しいおすすめ食品やレシピ、おすすめのWEBのお店のお話がたくさん出ました。それをまとめたものがあるのですが、膨大な量なので、ご興味のある方には喜んでお送りしますので、遠慮無くメールでお問い合わせくださいね〜。😄

 
 
 

© Nagomi Kitchen  -  Atsuko Yamano

Website created by Ai Yamano

  • White Facebook Icon