© Nagomi Kitchen  -  Atsuko Yamano

Website created by Ai Yamano

  • White Facebook Icon

17  おすすめの油

September 1, 2008

前回は、トランス脂肪酸についてとりあげましたが、今月もひきつづき、油のお話しです。

 

教室でいつも使っているのはグレープシードオイルです。ビタミンEの含有量が高いので、抗酸化作用が高く日持ちがよいです。色はきれいなライトグリーンでにおいもくせもないので、和食全般に使えます。ただ、リノール酸の含有量が高いので、取りすぎると善玉コレステロールも減らすので気をつけましょう。

 

逆に、善玉コレストロールを増やしてくれるオレイン酸が多く、加熱にも強いオリーブオイルはおススメとはいえ、その強い風味故に和食には向かないのが残念です。

 

Carotino(キャノーラオイル系)は色鮮やかなオレンジ色で手作り石けんにも人気のようですね。ビタミンAとEが高いので、抗酸化作用が高く、一価不飽和脂肪酸(オレイン酸等)の含有量も高いので、善玉コレステロールを増やし悪玉コレステロール(LDL)を減らす手助けをしてくれます(色が強いのが少し難点)。

 

そこで、今、最も注目されているのは、Rice Bran Oil (米油)です。他のオイルに比べるとお値段は高めですが、オレイン酸、ビタミンEが多いので、前述のように体に良い面が多く、炒め物にも揚げ物にも、くせがなく、香ばしさもUPするのがうれしいですね。ちなみに、日本のポテトチップスは米油で揚げられているそうです。油を使うと確かにうまみがUPしておいしく感じますが、日本人にはやはり少量使うのが良いようです。揚げ物は時々の楽しみにしましょうね。

それでは、今月は、大人も子供も大好きな、シャキシャキ肉だんごを作りましょう!

 

大きめのボールにポークミンス約500gを入れ、しょうゆ小さじ1・酒大さじ2・しょうが小1片の絞り汁、にんにく1片(おろす)・塩こしょうをもみこんで下味をつけます。次に玉子1ヶ、ポテトフラワー(片栗粉)大さじ2、ごま油小さじ2、水(又はしいたけの戻し汁)大さじ5を入れて更によく練ります。れんこん(なければウォーターチェストナッツ)100g(あらみじん切り)、水でもどした乾燥しいたけ2枚(みじん切り)、スプリングオニオン2—3本(小口切り)を加えて良く混ぜ合わせたら、大さじですくって丸めたものを、160-170度のオイルできつね色に揚げる。

その間に甘酢あんの材料(しょうゆ・酒各大さじ1と半、酢大さじ4と半、砂糖大さじ3と半、ポテトフラワー小さじ1と半)を合わせておく。大きめのフライパンか中華鍋にオイル少々を熱し、にんにく1片(みじん切り)を入れて香りが出れば、あわせた甘酢あんの材料を入れ、ぷくぷくと沸騰してとろみがつけば肉団子をからめて出来上がり。盛り皿に好みのサラダリーフを盛り、上に肉団子をのせてどうぞ!

 

 

写真1)

左から Carotino、米油、グレープシードオイル。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts

February 19, 2017

September 17, 2016

September 11, 2016

Please reload

Archive