父との会話から

February 19, 2017

 

父との会話から。

歴史が大好きな父は、
70代に入ったころ、東海道五十三次 を歩いてくる、と言いだし、
一人で、日本橋〜京都三条 まで
(毎回4−5日間くらいの予定で、A地点からB地点まで歩いたら、
次は、B地点からC地点、とつなげていく形。)
少しずつ歩き、数年かけて踏破していた。

 

こういう旅はな、一人で行くのがミソなんや。人と一緒に行ったら
しゃべってしまって、大事なポイントを素通りしてしまったり、
その土地、土地をしっかり 味わえへんからなぁ。

といつも言っていた。
歴史に疎い娘(^^;)は ふうーん、という感じだった。

こないだ、
それで、どこが一番印象に残った土地だった? と聞くと

そうやなぁ、機会があったら住んでみたいな、と思ったのは
静岡や。あそこは、経済的にも豊かな感じで、気候も良い所やな。
だからなんかな、
通り過ぎる人がみんな親切やった。僕のようなよそ者にも、すれ違う時に
挨拶してくれはってな。
あと、それまでお茶畑が一面に広がる景色など見たことなかったから
金谷〜菊川、掛川のあたりの美しい光景は忘れられへんなぁ。
それから、いつも富士山の姿を裾野から拝める、ということの恩恵 言うんかな。
あれは静岡のすごい資産やなぁ。

と申しておりました〜。

私もまた機会を作って静岡へ行きたいです!
静岡のみなさん、その節は父がお世話になり、
親切にしてくださり、ありがとうございました〜。(^^)

 

 

二番目の写真は、台北近くの 猫空の烏龍茶の茶園。 お茶屋さんの沁園のおじいさん曰く、
あそこの茶畑の品質は悪いですね。厳しい仕事をできる後継者が育ってないのと、台北から近いからロープウェイなどついて観光地化してますやろ、とのことでした。(^^;) — at 貓空茶葉推廣中心.(台湾 台北)

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts

February 19, 2017

September 17, 2016

September 11, 2016

Please reload

Archive