© Nagomi Kitchen  -  Atsuko Yamano

Website created by Ai Yamano

  • White Facebook Icon

42 BBCのThe Men Who Made Us Fat (前)

November 1, 2012

夏頃、The Men Who Made Us Fat という番組がBBCで放送されていましたが、ご覧になられましたか? 大変興味深い内容でしたので、ここでその内容をご紹介いたしますね。

 

70年代の英国には病的な肥満は人口のたった2%だった。それが毎年増え続け、今や大人の2/3が肥満気味、そして1/4が病的な肥満に(ちなみに病的肥満は適正体重の140%以上)。 平均体重は50年前より約20kgも多くなっている。英国人がここ40年でどうしてそこまで太ってしまったのか。その理由はこうだ。

 

①コーンシロップ(high-fructose corn syrup)が開発され、甘み付けに使われだしたこと。これは低温下では砂糖よりも甘みが強い性質を持ち、値段も砂糖の1/3ですむため、コーラなど炭酸飲料やアイスクリームに使われるようになる。高フルクトースが食欲抑制ホルモンの働きを阻害するために、食べ過ぎを起こし、砂糖よりもずっと肥満になりやすい。

②プロセスフードやスイーツの普及により砂糖・塩・脂肪の消費量がアップ。砂糖の害が報告されるも砂糖会社による圧力で隠蔽され、脂肪の害ばかりが強調されるようになりLow Fat 商品がもてはやされるようになる。Low Fatにすると味が落ちる。それを補うために砂糖を添加したプロセスフードがますます増えた。

③ファーストフードのポーションのサイズが段々大きくなってきている。昔マクドナルドで大人向けのソーダは250mlのみ→今はスモールが500ml。人はハンバーガーを2つ注文することには抵抗があるが、スーパーサイズ1つと注文するのは抵抗が少ないため、サイズをどんどん大きくして売り上げアップ。1.5倍のお値段で2倍の量が食べられる、とお値打ち感を全面的に出して大成功。更に、ポテトもドリンクも一緒に食べさせるセットメニューが導入され、これまた大ヒット。その上、メガサイズ、ダイナソーサイズとポーションはどんどん大きくなり、今やスーパーサイズのセットメニューは当たり前、明らかにカロリーの摂りすぎが普通に。

④チョコレートやビスケット、クリスプス、ソフトドリンクも次々にサイズが大きくなり、大袋を出し、子供もターゲットとされるようになる。今、業界の合い言葉は”Sharing”。しかし一体どれくらいの人が他の人とシェアしているのか。一袋開けたら空になるまで食べてしまうのがスナック、その上食事はいつも通り、となると摂取カロリーは超オーバー。

⑤スーパーは儲けが大きいこういった商品をプロモーションに頻繁に使うため、人々は買いだめ→手元にあるともっと食べる、と悪のスパイラルに。子供は一昔前なら特別な時だけ食べさせてもらえたスイーツを、今や毎日いつでもどこでも食べている。年間136ミリオンポンドものお金が、通学途中のお菓子やドリンクの買い食いに消えている。

⑥一体何がヘルシーなのか非常にわかりにくい時代。ヘルシーフードとうたわれている食品が本当にヘルシーなのか。→例えばパッケージにナチュラルと書かれていても、材料をよく読むと砂糖や脂肪が多く、カロリーが高いケースも多い。又はカロリー少なめ、ヘルシーという言葉に気を許し、通常よりもっと食べてしまうことが多い。Organicだとヘルシーという思い込み。→ これは良い物か悪い物かと食べ物を単純に分けがちだが、良いもの(例:オーガニック製品)の中にも悪い物(例:砂糖が多い)がある。。。

 

肥満がここまで先進国で問題化してきた今、フランスやデンマークではUnhealthy foodには税金をかけ、フィンランドでは食品の広告には規制がかけられる、などの動きがでてきている中、英国や米国では食品業界と政府の癒着が大きく、政府が規制をかける動きは全くないこと。Public Health MinisterのAnn Milton, Health secretaryのAndrew Lansley (共に今年9月の内閣改造で解任)は、国民の健康よりも、全て食品業界寄りの姿勢であった。。。おそるべし!私たちの気づかぬ間にファーストフードのポーションは大きくされ、これが普通の一人前なのね〜といつの間にか思い込まされていたようです。スモールサイズが昔のラージだったことを知ると、適量の一人前とは?を再考しなければなりませんね。

 

番組では、肥満の最も大きな原因は、Too much eating fast foods (and fizzy drink) , processed foods , indulgent dessertと何度も繰り返されていました。皆さん、どうぞお気をつけくださいね!

さて、前号で1wに一度でもMeat Freeの日を作りませんか、と書きましたところ、どんなふうに作ればいいのでしょう、とご質問を頂きました。今日は便利なソヤミンス(ベジミンス)をご紹介いたしましょう!冷蔵品、又は冷凍品のコーナーをのぞいてみてください。まずは、ひき肉のかわりにこういったものを使うと便利ですよ。いきなり全量それで調理せず、最初はベジミンスとひき肉半々で始めてみるのもいいですね。麻婆豆腐やボロネーズなどしっかり目のお味のものだとわかりにくいと思います。

 

今月はチリコンカルネを作りましょう。

 

フライパンにオイルを少々入れ、みじん切りの玉ねぎとにんにく各1ヶ分をやわらかく炒めます。そこにベジミンス(もちろんビーフミンスで作っても可)300~350g、ペッパー2ヶ分の角切り、もどして大きめのみじん切りにした干しいたけ2−3枚分(又はマッシュルーム適量)を加え、更に炒め合わせます。次にトマト缶1缶をつぶしながら加え、オレガノ小さじ1、クミンパウダー小さじ1、チリパウダーかホットパプリカ小さじ1/2〜、トマトピューレ大さじ2、ストック1ヶ+水100ml、 シーソルト小さじ1/2〜1、こしょう少々、水気を切ったキドニービーンズ缶1缶分も加え、沸騰後弱火にして約20分くつくつ煮ます。こしょうで味を調え出来上がり。ライスやジャケットポテト、パスタなどお好みで添えて召し上がれ。(刻んだレタスやトマトと一緒にブリートにも!)

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts

February 19, 2017

September 17, 2016

September 11, 2016

Please reload

Archive