© Nagomi Kitchen  -  Atsuko Yamano

Website created by Ai Yamano

  • White Facebook Icon

29 栗の季節がやってきた

September 1, 2010

秋ですね〜。秋のお楽しみといえば、英国には松茸はなくても栗があります。

10月になると、ロンドン近郊ならグリニッジパークやハムステッドヒースなどで、小粒とはいえ、なかなかおいしい栗がなりますね。身近な公園でも案外、栗の木があったりするので、私も毎年子供と一緒に栗拾いを楽しんでいます。(栗が野生動物の食料になるのでとってはいけない場所や、木をゆらしたり傷つけたりすると罰金という場所もありますので、ご注意ください。)

 

軍手など持参しなくても、イガグリに入っているものは、両足で踏みつけ、イガを開くようにするとうまくつまみ出せますよ。拾ってきた栗ですが、すぐに食べてはいけません。(食べてもいいのですが、甘くないのでおいしくないのです。) キッチンペーパーを敷いた袋に入れたら、まずは冷蔵庫や寒いシェッド又はガレージで2-3wほど熟成させると、糖度が上がってきます。栗拾い出来ない方も、クリスマス頃まではスーパーやマーケットで買うことができますね。

 

さて、どんなふうに食べましょうか?子供の頃、おばあちゃんのふかし栗が、あったかくて甘くておいしいお楽しみのおやつでした。洗った栗を蒸気があがった蒸し器に入れて、中火で蒸すこと約40-45分で出来上がり!半分に切ってスプーンですくってどうぞ。

 

又は英国風にロースト栗はいかが?まず栗を20 分ほど水に漬けましょう。そのあと、ペティナイフでサイドに2カ所切り目を入れた栗をオーブントレイにならべ、(切り目を入れないとオーブンの中で爆発して、あとのお掃除が大変。) 200度で約20-30分。熱いうちにキッチンタオルなどで包んでぱりっと割ると、ころりとうまく渋皮もとれて、クランチーな食感が楽しめます。

 

そして、やっぱり日本人には栗ごはんですね。

 

お米2合を洗って浸水させている間に、ボウルに12-15粒栗を入れて、ケトルで沸き立ての熱湯をたっぷり注ぎ、約5-10分おきます。鬼皮が柔らかくなったら、まず、栗のおしりのあたりを切り取り、そこから鬼皮と渋皮を剥いていきます。(剥いた栗は水につけおきます。) 鍋に水気を切った米、水350ml、塩小さじ1、酒大さじ1を入れ、剥いた栗を上にのせてフタをし中火にかけます。沸騰してきたら極弱火にして約13-15分、火を消して約10分蒸らせばできあがり。(栗の皮を剥くのが面倒な方は、Waitroseに売っているFrozen Chestnutsを自然解凍して同じように炊くといいですよ。)  そうそう、栗拾いの際、栗と見かけはよく似ていますが先がとがっていないConker(西洋栃の木/Horse Chestnut treeの実)とお間違えありませんように!

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts

February 19, 2017

September 17, 2016

September 11, 2016

Please reload

Archive