26 日系以外のお魚屋さん

海に囲まれている英国ですが、スーパーのフィッシュカウンターに並ぶお魚の種類は限られていて、特にロンドンから離れて住んでいると日系スーパーが近くにないので、なかなかおさしみを食べられなかったりしますよね。それに慣れてしまえばいいのですが、時には無性に、おさしみやお寿司が食べたくなるときがあります。

今月は、日系以外のフィッシュモンガーをご紹介しましょう。

1) Billingsgate Market いわずと知れたロンドンのCanary Wharf にある魚市場。

 火〜土の早朝5時からスタートで、最初の30分が勝負だそうです。友達と

 繰り出して、箱買いするのがお得。(素人向けに量り売りのお店もあります。)

2) 北海水産 http://www.hokkai.com/

あじの開きなど干物からおさしみ、粕漬け、うなぎに他、加工製品まで幅広く、

取り扱うオランダ系の会社です。社長さんは沼津で干物の加工法など勉強された

そうで、日本人の好みをよくご存じのようです。グループで宅配をするのがおすすめ。

3) Simson’s Fisheries http://www.simsonsfisheries.co.uk/

レストランや航空会社、ホテルにもおろしている大手ホールセラー。魚介類

の種類がとにかく豊富で、日本人カスタマーも多いのでおさしみなども対応可。

£50以上のオーダーをすれば、かなりの広範囲で、フリーデリバリー。

4) Prawnbrokers

203 Lower Addiscombe Road, Croydon Tel020-8655-2120

ロンドン南部クロイドン界隈で有名。日曜日も開いているのが嬉しい魚屋さん。おさしみ対応可。

4)ネットで良いフィッシュモンガーを見つける

・ロンドンのベストフィッシュモンガー(Time Out)

http://www.timeout.com/london/food-drink/londons-best-fishmongers

・ロンドンのフィッシュモンガーリスト(All in London)

http://www.allinlondon.co.uk/directory/1159.php

など、いろいろ検索してみてください。

お近くの町でも良いお店が見つかるといいですね。

ウェイトローズなどのフィッシュカウンターでも、見るからに新鮮そうなまぐろの切り身をみつけたときなどは、私は思いきって食べることにしています。要は、切り身の表面にケトルで沸き立ての熱湯をまわしかけるなり、鍋にわかした湯のなかに4.5秒切り身を漬けるなりして、霜降りしてしまうのです。それをすぐに冷やして食べる直前に切り、アボカドやウォータークレス、のりと一緒に、みりん少々を加えたわさび醤油でどんぶりにしても、お寿司にしてもいけますよ。

一応、殺菌効果のあるわさびを添えて食べていますが、今までのところ、それでお腹をこわしたことはありません。(笑)

でも妊婦さんや胃腸の弱い方はご注意を。

それでは、今月のレシピは、多少色が悪くなったものでもおいしく出来る、まぐろの時雨煮です。まぐろ(Tuna)の切り身約300gを1.5~2cm角に切り熱湯をまわしかけて霜降りしておきます。鍋にしょうゆ大さじ4、ライトブラウンシュガー大さじ2と半、酒大さじ2、みりん大さじ1を煮立てたところに、まぐろと千切りしょうが1片分を入れて、Grease Proof Paperなどで落としぶたをしてコトコトと煮汁を煮つめればできあがり。ごはんのお供に、酒の肴に召し上がれ。

#コラム

Featured Posts
Posts are coming soon
Stay tuned...
Recent Posts
Archive