5 英国の食品添加物 (着色料)

今月は食品添加物の中でも、E100番台のColors(合成着色料) についてです。

着色料は各種添加物の中でもまず避けたいものですが、スーパーの棚を見ると、子供向け食品(特にお菓子)に集中攻撃?というほど数多く添加されています。着色料は、石油から作られた合成着色料と、天然着色料があるのは既にご存じですね。(天然着色料なら安心と思いがちですが、化学薬品で抽出されていることをお忘れなく!)合成着色料は体内に入ると、人によっては喘息発作(呼吸障害)や、アトピー、じんましん、鼻づまり、目の充血などのアレルギー症状、睡眠障害、頭痛が生じます。殊に子供に最もその影響がでやすく、Hyperactiveになるケースも少なくありません。

更に、食べ物と一緒に胃の中に入ると、消化酵素の働きを鈍らせるので、消化不良を起こしやすく、何種も混ざるほどその影響は大きいのだそうです。カラフルなチョコ、グミキャンディー、バースディケーキ、ゼリー、飴。種類によっては、ジャム(を使ったお菓子も)、フルーツヨーグルト、スカッシュドリンク、アイスクリーム等、にも要注意、、、なのですが、これらは全て、子供のバースディパーティでは定番ですよね。頭の痛いところです。せめて自分で買うのは極力避けましょう。あと、インディアンレストランによってはカレー等にも添加されているようです。

特に毒性の高いものをあげておきますね。E123 Amaranth (日本では赤色2号)、E124 Ponceau 4R (赤色102号)、E127 Erythrosine (赤色3号)、E129 Allura Red AC(赤色40号)、からtsいからされているYellow(oal tar), E102 Tartrazine (黄色4号)、E110 Sunset Yellow (黄色5号)、E132 Indigo Carmine (青色2号)、E133 Brilliant Blue FCF (青色1号)。どうぞ、お買い物の際はご注意を。

さて、今月のレシピは“沖縄風タコライス”です。スパイシーなタコスの具としゃきしゃきレタスがごはんにマッチしておいしいですよ。

フライパンで、みじん切りしたたまねぎ1ヶとにんにく1ヶをやわらかく炒めたら、好みのひき肉350〜400g(私は、水切りした木綿のTOFUと鶏肉を半々にしてフードプロセッサーでミンスしています。)、粗みじんに切ったペッパー1〜2ヶ、DISCOVERY社MEXICAN TACO SPICE MIXの順に加えて炒めます。水を200ml加え沸騰後、ふたをして弱火で15ー20分煮たら、味を整えましょう。お皿にあつあつのごはんをよそって具をのせ、上に細切りしたアイスバーグレタス、トマト、好みで少量のチーズやレモンでマリネしたアボカドをちらしてできあがり。HOT好きの方はMEXICAN SAUCEやタバスコを添えて召し上がれ!

#コラム

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
No tags yet.
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© Nagomi Kitchen  -  Atsuko Yamano

Website created by Ai Yamano

  • White Facebook Icon